一般的な人間の思考として、既にあるやり方や流れを変えることに抵抗感を持つ傾向にあります。そのため、組織において業界の常識や現在行なわれている事が、疑問を持つことなく継続されてしまうことは少なくありません。

ホテルができた当初は適切であり通用していたルールかもしれませんが、お客様の視点で見直し、何が根本の問題なのかについて部門の枠を取り払って知恵を出し合うと、多くの課題があぶりだされ、その多くが実は短時間で解決できます。
ネストホテルでは、常に今のお客様視点で柔軟に取り組む姿勢を大切にしています。

近年、ホテル業界に変化の波が押し寄せています。
インバウンド増加による一部の都市での活況や、民泊やバックパッカー向けホステルの急増による業界外との境界が薄れつつある状況、人口減少に起因する業界の人材不足の加速といった構造的な問題など、様々な要因に対して、柔軟な視点と対応のスピードが求められることが予想されます。
私たちネストホテルは、コンセプトである「自宅にいるような心地よさ」を大切にしながら、常に現在進行形のホテルであり続けます。