[課題]

ネストホテル那覇では、施設としては300名以上の受け入れが可能でしたが、ネストホテルとしてのリブランド前からの慣習で、修学旅行の朝食提供ついては、1回での同時提供の限度が170名となり、それ以上の場合は2回に分けて提供を行っていました。理由は一般の朝食会場を併せたスタッフのキャパシティー不足でした。

ネストホテルへのリブランド後、現地の修学旅行営業担当を交えて、東京の旅行代理店の意見聴取の分析を行ったところ、朝食にかかる時間の無駄をなくすため1回で同時に提供するニーズが高いことを改めて知りました。

[改善]

修学旅行の朝食を1回で同時に提供するために、飲食サービス部門としてスタッフを増員することは収益の面で難しい状況でした。
しかし、宿泊部門よりフロントスタッフによるサポートの申し出があり、検討の結果1回に340名までの提供が可能となりました。新たな視点を持つことで、疑うことなく30年続けてきた慣習が変化した瞬間でした。
その後、現在は更に効率化を進め、貸し切りの場合400名まで1度にご提供できるようになっております。