[課題]

ネストホテル札幌大通では、ネストホテルとしてのリブランドに際して、これまでのビジネス客を中心としたターゲット設定から、立地と部屋の広さを活かして、カップルやグループのお客様にターゲットをシフトしました。
それが功を奏し、多くのお客様にお越しいただける結果になりました。

その一方で、特にチェックアウト時に、多くのお客様がフロント周りで立って待つ光景が見受けられるようになりました。それにより、お客様が入口から入ってくるところが見えず、「きちんとお迎えできない」という懸念もフロントスタッフから声があがりました。

[改善]

ホテル1階には、リブランド時にテナントスペースが用意されていましたが、スタッフの意見を取り入れ、テナントを入れるかわりに、そのスペースの間仕切りを取り払いロビースペースにすることで、お客様にゆったりお過ごしいただくことにしました。
また、同様の視点でホテル15階にあるレストランを拡張し、より多くのお客様に眺望を楽しみながら評判の朝食を味わっていただくようにしました。
お客様がホテルでどのようにお過ごしになられているかを、しっかり見つめることが出来た結果であると考えております。